防災管理点検

防災管理点検Prevention management

大規模な防火対象物の管理権原者には防災管理点検および届け出が法律で義務付けられています。建物管理者様に向けた新和防災の防災管理点検サービスをご紹介します。

防災管理点検

防災管理点検とは?About prevention management

年1回の防災管理点検・報告義務
平成16年9月の消防法改正により、大規模建築物等については、防災管理業務の実施が義務付けされ、その実施状況を年に1回、定期的に防災管理点検資格者に点検させ、その結果を消防機関に報告する「防災管理点検報告制度」が平成21年6月より施行されました。
そのため、防災管理対象物のすべての管理権原者は、防災管理点検資格者に防災管理上必要な業務・事項等について、年に1回定期的に点検させ、その結果を所轄の消防署に報告することが必要になりました。
こちらの「防災管理点検」も「防火対象物点検」と同様に一定の基準に適合している場合には「防災基準点検済証」や「防災優良認定証」の取得も可能です。
点検報告が義務付けされた防火対象物および罰則規定等の詳細情報につきましては、東京消防庁のWebサイトをご覧ください。

防火対象物点検とは

防災管理点検における管理権原者の義務Prevention management duty

防災管理者による消防計画策定および消防計画に基づく必要な業務の実施

建物の管理権原者は、防災管理者(講習修了者など一定の資格を有する者で、防火管理者と同一の者)を選任して大規模地震等に対応した消防計画の作成、策定した消防計画に基づく必要な業務を実施する必要があります。

消防計画の作成届出
大地震発生時を想定して家具や計器類の落下転倒防止などの被害軽減措置のほか、被害者発生時の応急措置、救援救護体制、避難誘導等を円滑に行うための消防計画を作成して消防機関に届出を行います。
自衛消防組織の設置届出
自衛消防組織とは、火災発生時の初期消火や消防機関への通報、建物利用者の避難誘導、救出救護等を行う人的組織を設置します。
防災管理点検報告
防災管理点検資格者による防災管理点検を実施し、消防機関に報告します。

新和防災の防災管理点検Shinwabosai solution

防災管理点検は有資格者による点検が必要です
お客様ご自身にて消防計画の作成・届出や、自衛消防組織の設置等を行っていただき、防災管理点検業務については「防災管理点検資格者」が行う必要があります。

新和防災の防火対象物点検

新和防災のソリューション

お客様の建物や組織に応じた防災管理点検業務を防災管理点検資格者が実施し、その結果を報告書にまとめて消防署に提出いたします。また、防災優良認定証の取得フォローも行っております。