消防用設備工事

消防用設備工事Firefighting construction

オフィスビルやマンションなどの建物を増改築・用途変更した時は、法律に適合する消防用設備の設置・改修・リニューアル工事が必要となります。お客様の大切な建物の消防用設備工事は、高い専門性と豊富な経験を有する当社に、是非お任せください。消防用設備工事が必要なケースもご紹介しているので、消防用設備工事ご検討の参考にしてください。

消防用設備工事

新和防災の消防用設備改修・リニューアル工事Shinwabosai solution

高い専門性と豊富な経験で施工します
オフィスビルやマンションなどの建物を増改築・用途変更した時は、法律に適合する消防用設備の設置・改修・リニューアル工事が必要となります。また、建物の増改築・用途変更以外にも、消防用設備保守点検の結果、不具合や不良箇所が発見された時、消防署から改修指導があった場合も、速やかに工事を行わなければなりません。
当社では、消防設備士「甲種特類」から「乙種第7類」まで、すべての消防設備士資格保持者が在籍しているため、あらゆる消防用設備工事の実施が可能です。また、工事実施後の定期点検~消防署への申請・報告までワンストップで対応可能なため、ご担当者様の業務負担を最小限にできます。お気軽にお問い合わせください。

新和防災の消防設備改修・リニューアル工事

新和防災のソリューション

消防設備の改修工事は速やかに行う必要があります。当社では、御見積書作成から適切な改修プランご提案まで迅速に対応しています。お客様の大切な建物の消防用設備工事は、高い専門性と豊富な経験を有する当社に、是非お任せください。

消防用設備改修・リニューアル工事が必要なケース

お客様建物の消防用設備に以下のような事象が見られたり、関係各所から指摘を受けた場合は、消防用設備等の改修・リニューアル工事が必要となります。まずは、お気軽に当社までご相談ください。

  • 消防用設備定期点検の結果、不具合や不良箇所が発見された場合
  • 室内の間取り、間仕切り変更などにより、消火器や感知器等の追加設置、移設等が必要な場合
  • 現在設置されている消防用設備が、何らかの問題があって消防法により失効となった場合
  • 消防法の改正により、既存設備の変更・更新や新規設備の設置が必要になった場合
  • その他、所轄消防署からの指導等により改修の必要がある場合
  •