建築設備定期検査

建築設備定期検査

建築設備定期検査Building inspection

換気設備、排煙設備、非常用照明器具、給・排水設備およびエレベーターの建築設備は、建築基準法第12条で定期報告が定められています。当社の建築設備定期検査サービスをご紹介します。

建築設備定期検査

定期検査が必要な建築設備About building inspection

換気設備
換気設備
窓居室、火気使用室、居室等の機械式換気設備が検査対象となります。いずれも、必要換気量が十分かどうかをしっかり検査します。
排煙設備
排煙設備
検査対象は、火災時に煙を機械で吸い上げ機械式排煙設備です。万が一の際に作動しないと重大な事故につながるため、年1回の定期検査が非常に重要です。
非常用照明器具
非常用照明器具
非常時に点灯する照明器具の検査を行います。特定建築物定期調査においても非常用照明の検査をするため、建築設備定期検査では点灯確認および照度測定を行います。
給・排水設備
給・排水設備
給・排水設備検査は、目視確認できる範囲での検査となります。配管の錆や腐食、漏水、貯水タンク設置状況、排水ポンプ設置状況などを確認します。
エレベーター
エレベーター
エレベーターは、専門知識を持つ検査者による定期検査が必要ですが、こちらはエレベーターメーカーもしくは専門会社にご連絡ください。

新和防災の建築設備定期検査Shinwabosai solution

ベテランの有資格者がスピーディーに対応
建築設備定期検査は、一級建築士、二級建築士、建築設備検査員が行う必要があります。特定行政庁から検査通知書が届いたら、すぐに当社へご相談ください。御見積書ご提示から検査実施、報告書作成・報告までスピーディーに対応いたします。

新和防災の建築設備定期検査

新和防災のソリューション

建築設備定期検査実施から報告書作成、特定行政庁報告まで当社が一括で行います。お気軽にご相談ください。